スカイラインの中古車

スポンサードリンク

スカイラインという車は日産が誇るスポーツタイプの車です。
スカイラインは日産ではフェアレディZと並んで、中古車市場でも非常に人気の高かった車ですね。
「人気の高かった」と過去形になっているのは、最近のスカイラインは中古車としてはそれほど人気が高くないという事です。
中古車としての価値はイマイチですから、買取の査定もイマイチでしょうね。

以前のスカイラインは、ハコスカに始まり、ケンメリ、ジャパン、鉄火面と代々愛称で呼ばれるような車で、新車は当然人気ですが、中古車でも非常に人気がありました。
ハコスカからジャパン、鉄火面あたりまでは中古車というよりも、旧車と呼ばれるジャンルで、マニアの間で高価で取引されており、スカイラインの中古車は初期の頃のハコスカやケンメリでは100万円を超える中古車も珍しくありません。

スカイラインの人気はR32スカイラインで一旦ピークを迎えてしまったようで、中古車としての人気もR32のスカイラインが最後の人気車種と言えるでしょう。最近のスカイラインは、デザイン的にも特徴がなくなってしまってマニアウケしなくなってしまいました。

というわけで、最近のスカイラインの中古車は値段も手頃になってきています。
逆にねらい目かも??

 


中古車買取作戦の目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。